さよなら

桜が咲く季節になって
出会いと別れがあふれてる
長く続く道
あなたは歩き出す

懐かしい写真の中は
あの日のままで
こんな日が来ること
考えちゃいなかった

いつもの帰り道も
いつもの部屋の中も
なんだか寂しくて
アルバムの中をただ眺めてる

さよなら
本当はこんな事言いたくないけど
あなたに贈るよ、あなたに歌うよ
またいつかどこかで
会えそうな気がするから

壁にぶつかりくじけそうなとき
いつでもここで
あなたを待ってる
だからいつでも帰って来いよ
いつでもここで
あなたを待ってる

チャイムズから  おしらせ