青い春

夏の匂いがした
君を思い出した
滲んだ夕日は
あの頃と同じだった
野球グラウンドで
線香花火をした
きれいに輝き
儚く散っていった

ぐちゃぐちゃになった
頭の中をかきむしる
腫れた瞼には思い出たちが詰まってる

青くて青くて
カビ臭いくらい青くて
君と手をつないだあの夏を
僕は忘れられないでいるよ
青くて青くて
カビ臭いくらい青くて
君が僕の中にいる限り
終わらない青い春

チャイムズから  おしらせ